ブラックリストに延滞情報が載るとどうなる?

MENU

ブラックリストに延滞情報が載るとどうなる?

キャッシングの返済が遅れると、よく「ブラックリストに載る」と言われますが、このブラックリストに載る状態というのはどういう状態なのでしょうか?どのくらい延滞したらブラックリストに載り、それに載るとどういった影響があるのでしょう。

 

まず、キャッシングやクレジットなどの利用履歴は全て個人信用情報機関というところで登録され管理されています。申込をしたことやどの会社でどれだけ借りている、支払い状況などといった情報がそこで管理されているのです。では1回でも延滞してしまうと、ブラックリストに載ってしまうのか?というとそうではありません。返済を3ヶ月程度延滞した段階で信用情報に『異動』と掲載されるのですが、これがいわゆるブラックリストに載る、ということなのです。

 

この異動が信用情報についてしまいますと、そのあときちんと支払いをしたとしても、完済から5年程度はその情報が載ったままになってしまいます。この情報が載っている間は新たな借入が難しくなってしまい、今後住宅ローンや車のローンを検討しているという場合にも大きく影響を及ぼします。

 

では、多少の延滞ならブラックリストに載らないから安心か、というとそうではありません。1回?3回程度の数日の遅延であれば、何か事情があって遅れてしまったのかもしれない、と考慮してもらえる場合が多いですが、あまり何度も繰り返していますとキャッシング会社からの信用が低くなり、限度額の減額、また最悪の場合にはカードが返済専用になるなどということも考えられますので注意して下さい。