キャッシングの返済方法

MENU

キャッシングの返済方法

キャッシングでは申込方法や借入方法などに目を向けがちですが、当然借りたお金は返さなければならないわけで、その返済方法にはいくつか種類がありそれによって負担の大きさや利息も違ってきます。キャッシングの返済方法としては一回で返済をするか、また複数の月に分けて返済をしていくかというように大きく分けることができますが、複数に分けて返済をしていく場合にも分割払いなのかリボ払いなのか?という違いが出てきます。

 

【一括払い】

クレジットカードのキャッシングなどに多いのがこの一括払いです。次の返済日に一括で借りたお金全てを返済することになります。利息は借りた日から返済する日までの日数で計算されて、その利息と元本とを合わせた額を次の支払日にまるごと支払うようになります。どんなに借りても一回で返済しなければならないため、あまり高額な借入には向いていません。また、一括払いのキャッシング自体、限度額も少額なものが多くなっています。

 

【分割払い】

分割払いはクレジットカードの返済であるように、借りたお金を一定の回数に分割して返済する方法です。事前に3回払い、6回払い、12回払い、などというように返済回数を決めて返済していきます。あとから返済回数を伸ばすことはできず、追加で借入をした場合にはまた別で返済する形になります。

 

【リボルビング払い】

リボ払いとも呼ばれ、そのキャッシング会社から借りている総額に対して月々一定額を返済していくという方法です。分割との違いは、分割は追加で借入が合った場合には別勘定となりますが、リボ払いの場合には総額で計算します。リボ払いは追加で借入をしても返済回数が決まっているわけではありませんので、月々の返済額が変わらないといったメリットがあります。

 

しかし反面それはデメリットにもなり、返済期間が長期化するため最終的な支払利息が大きくなるというデメリットも秘めています。残高スライドリボルビング方式と呼ばれる返済方法がキャッシングやカードローンで一般的に多く使われています。

 

返済額をより少なくすませるポイントは返済期間をなるべく短くすることですが、返済期間を短くしようと無理をして返済にあててしまっても、返済に行き詰まってしまうようでは本末転倒です。月々の返済額は負担の少ない額に設定しておきつつ、余裕のあるときに多めに返済していくなどしてタイミングをみはからったうえで積極的に返済期間を短くしていくとよいでしょう。