キャッシングはほんとうに怖い?

MENU

キャッシングはほんとうに怖い?

どうしてもお金が必要でキャッシングを利用したいけれど、キャッシングを利用するのは怖い気がする…そんなふうに思って二の足を踏んでいるという方、多いのではないでしょうか。一度もキャッシングを利用したことがないと、「怖い取り立てがあるのでは」「利用したらそれだけで今後の人生に影響がでそう」といった妄想が膨らんで、キャッシング=不安といったイメージができてしまっているのだと思います。

 

また、テレビドラマや映画などの影響も大きいですね。借金取りがアパートにやってきて家のドアをドンドンと叩く取り立てのシーンなどはよく使われていますが、実はああいった強引な取り立てというのは、現在では禁止行為となっているものが多いのです。脅迫的な言動をしてはならない、勤務先に訪問や電話をしてはならない、金返せ!などのビラを貼ってはならない、など、取立時の禁止行為は改正貸金業法によってより強化されました。

 

しかしキャッシングでは確かに、間違えた利用をすると怖いことがいくつかあります。それは

 

  • 違法な業者を利用してしまうこと
  • 安易に使いすぎてしまうこと
  • 多重債務に陥ってしまうこと

 

こういったことが、キャッシングのほんとうに怖いところでしょう。しかし、普通に借りてきちんと支払い期日に返済をする、というように利用すれば、なんら怖いことというのはありませんしうまく利用して付き合っていけば、キャッシングはとても便利なものなのです。