クレジットカードキャッシングのデメリット

MENU

クレジットカードキャッシングのデメリット

クレジットカードでのキャッシングがとても便利で手軽なことがわかりましたが、逆にクレジットカードでのキャッシングを利用することで、具体的にはどういったデメリットがあるのでしょうか。

 

【金利が高い】

クレジットカードのキャッシングにも、当然のことながら金利がかかります。利率は各クレジット会社ごとで違いはあるものの、基本的にはカードローンと比べて金利が高めな設定のようです。カードローンの金利の場合、4%?18%などの金利帯のなかで、借入れ額に応じて審査で適用金利が決定されます。しかし、クレジットカードのキャッシング枠の場合には、金利が一律18%など固定になっているケースや、また15%?18%というように高めの金利帯になっているケースが多いのです。手軽で利便性の高いサービスではありますが、その分金利は高いのです。

 

【限度額が低い】

キャッシングは基本的に、短期の個人向け小口融資です。そのため、プロミスやアコムなどといった消費者金融や銀行カードローンのようなところと比較しますと、利用限度額が低くなっています。そのため、急なことで一時的に小額のお金を借りたい、というのであればよいのですが、まとまった額を借りたい、という場合には金利的にも限度額的にも向いていません。

 

その場合にはカードローンを利用した方がよいでしょう。キャッシングの場合には返済方法が基本一括返済ですし、そもそもがあまりまとまった額の借入には向いていない仕組みです。はじめから借入をするつもりのある場合には、カードローンの利用を検討しましょう。

 

基本的に、クレジットカードのキャッシング機能はメインの機能ではなくオマケ的な要素が強いので、本格的な借入にはあまりむいていません。そのことを理解の上で、キャッシング枠の利用にあった使い方をするとよいでしょう。