生命保険でお金を借りる

MENU

生命保険でお金を借りる

もしも生命保険に加入しているという方でしたら、ご自分の生命保険を担保にしてお金を借りるという方法があります。これを契約者貸付制度といいます。これは支払い続けていた生命保険で、現在の解約払戻金に対する一定の割合を限度額としてお金を借りることができる制度です。生命保険を解約することなく、お金を借りられます。もともとは自分が支払った保険料ですが現時点ではそのお金は保険会社のものですので、引き出す際には「貸付け」という形になるわけです。

 

借りられる金額は通常、解約払戻金の70%〜90%程度の範囲内となっています。解約払戻金は契約内容にもよりますが、毎年増えますから長らく生命保険に加入している、という方は確認してみるといいでしょう。またどの生命保険でもこの制度が使えるかというとそうではなく、保険の種類によっても違ってくるようです。基本的には貯蓄性が高く、解約した場合に返金されるような積立タイプの生命保険(終身保険、養老保険、学資保険など)にその制度が適用されているようで、解約払戻金のないいわゆる掛け捨てタイプの生命保険には残念ですが付帯されていません。

 

貸付け制度というくらいですので金利は当然発生します。貸付け利率は契約の時期などによっても異なるのですが、通常は契約をした生命保険の予定利率に1%?2%程度上乗せした程度に設定されているようです。具体的な数値は各社によっても違いがあるので一概には言えませんが、ある保険会社の契約者貸付けの貸付け金利は時期によって年3.00%?5.75%という適用利率になっていました。(2015年4月時点)消費者金融のキャッシングなどを利用するよりも、ずっと低い額でお金を借りられることがわかるかと思います。

 

この貸付けは自身の生命保険を担保としているので無審査ですが、保険会社によっては審査をするケースもあるようです。手続き方法は各社違いがありますが、ホームページから、電話、窓口などから手続きができ、なかには時間内に手続きが終われば当日中の振込というところもありますが、一般的には申請から3日?1週間程度はみておいたほうがよいでしょう。

 

金利も低く借入までの時間も意外と早い、メリットの多い印象の契約者貸付けですが、デメリットもありますので注意しましょう。

 

  • 利率は複利で適用されるため、返済額は年々増加していく
  • 返済額が解約払戻金を超えてしまうと保険が失効してしまうこともある
  • 満期のある保険で祝い金がある場合には、返済額を差し引かれてしまう

 

自身の保険を担保に低金利でお金を借りることができる契約者貸付けはとても便利で安心感もありますが、一方で使い方を間違えると自身の保険そのものがなくなってしまうリスクもあわせもっています。一時的な貸付け目的であればよいのですが、そうでなければ安易な利用は避けた方がよいかもしれません。