ショッピング枠とキャッシング枠の関係

MENU

ショッピング枠とキャッシング枠の関係

クレジットカードのキャッシング枠で実際にどのくらいのお金を借りることができるのでしょうか。クレジットカード作成時の契約書類や月々の利用明細書には、以下のような内容が書かれているかと思います。

 

「ご利用可能枠50万円 内キャッシング20万円」

 

これは、ショッピング利用枠が50万円であり、キャッシング枠が20万円であるということが書かれています。しかしここで注意して頂きたいのが、「内キャッシング20万円」の記述です。例えばショッピングで50万円いっぱいまで利用をしたとします。そうした場合、キャッシング枠は20万円ではありますが、キャッシング枠は50万円の利用可能枠のうちの20万円、ということなので、利用枠いっぱいまで使ってしまっている場合にはキャッシング枠の利用はできません。

 

つまり、ショッピング枠とキャッシング枠は同等のものではなく、ショッピング枠がトータルでの枠であり、そのうちの20万円をキャッシングにも使ってもいいですよ、という意味なのです。ですので、例えばショッピングで40万円使ったという場合には、残り10万円がショッピングまたはキャッシングにて利用できる枠、ということになります。

 

クレジットカードにおいて、キャッシング枠はあくまでもサブ的機能です。そのため、キャッシング枠は一般的にこのような設定になっています。キャッシング枠がついているかわからない、またキャッシング枠がいくらなのか把握していない、という方は、いざというときのために一度自分のキャッシング枠がいくらなのかを確認してみるといいかもしれません。