【キャッシングの注意点】違法な業者を利用してしまう

MENU

【キャッシングの注意点】違法な業者を利用してしまう

違法なキャッシング業者の手口というのはどういったものなのでしょうか。違法な業者といっても、最近では暴力や脅しといったようなことは極力行われません。それどころか、逆に親身になって相談に乗ってくれるようなところが多くあるようです。自己破産や多重債務に陥っていてお金に困っている方がターゲットなので、そうした親身になってくれる姿勢に騙されてしまうのです。

 

手法としては、電話やDM、チラシなどといった比較的アナログな手法で勧誘をしてきます。貸付額は比較的小額で期間も短期間なのですが、金利が高いために請求額が一気にふくれあがり、返済が遅れると違法な取り立てや請求をしてくるといったケースや、多重債務者に債務整理をすすめてきて、その手付金をだまし取るといった手口など、あの手この手でお金に困って頼ってきた人から搾取してきます。

 

キャッシング初心者で詳しくないという方や、またこうした違法業者の手口を知らない方など、違法業者と知らずに利用してしまうと現状よりももっと困った状況になってしまいます。キャッシング自体は便利なもので怖いわけではないですが、こうした業者に引っかかってしまうのは怖いことです。

 

では、どうしたらこのような目にあわずに済むのか?正規の金融業者を利用すればよいのです。正規の消費者金融でも、「即日融資可能」や「審査通りやすい」などといった宣伝文句が書かれていることもあるため見分けがつきにくいところもあるかもしれませんが、まずは誰もが知っているような大手の業者を選べば安心です。それ以外のところで選ぶというのであれば、登録番号を確認してみましょう。

 

正規の業者は、財務局長または都道府県知事の登録を受けています。番号はその業者の公式ホームページのどこかに必ず書かれていますので、それが正規のものかどうかを、金融庁のホームページの「登録貸金業者情報検索入力ページ」で検索をかけてみてください。また、登録番号があったとしても、他社の番号を使っていたりといったケースもあるので、知られていないような業者を利用する際には注意して下さい。

【キャッシングの注意点】安易に使いすぎてしまう

キャッシングの怖いところとして、最も陥りやすいのがこの「安易に使いすぎてしまう」という点ではないでしょうか。初めて利用するという方の多くは、借金をするということに抵抗を感じて慎重に借りますし、できる限り早く返済してしまおう、と計画通りにきちんと完済します。しかし、あまりにもかんたんにお金を借りることができるため、だんだんとお金を借りるということに抵抗がなくなってくるのです。

 

そうなってきますとお金が足りなくなったときには、「キャッシングすればいいや」とすぐに安易にキャッシングを利用するようになり、まるで自分の預金のようにATMから手軽にお金を下ろすようになり、利用限度額があたかも自身の預金残高のような感覚になっていってしまいます。こうした錯覚を覚えてしまいますと、どんどんと借金が増えていって最終的には多重債務者となってしまう可能性が高いです。

 

キャッシングで得られるお金は、自分のお金ではなく借りたお金であり、きちんと返さなくてはならない。そんなことは当たり前と現時点では思うかもしれません。しかし、キャッシングを何度も利用していくうちに、そうした感覚に陥ってしまうことがあるのです。

 

キャッシングは利用限度額を与えられますが、繰り返し利用が可能なため、借りたお金を5万円返済すれば5万円の枠がまたできます。そうなりますと、「5万円また借りられる、余裕がある」と感じてしまうのです。一度この感覚が麻痺してしまえば戻るのは大変なことなので、利用し始めの段階から『安易なキャッシングはしない』と心に決めて、本当に必要なときだけ、計画的に利用するようにしましょう。

【キャッシングの注意点】多重債務に陥ってしまう

多重債務というのは、複数の会社からお金を借りている状態のことです。多重債務といっても、それできちんと毎月余裕を持って返済できている状態なら問題ありませんが、多重債務者は大抵が返済に行き詰まって他社への返済の為に新たな借入を繰り返しているという悪循環に陥っています。

 

キャッシングで注意しなくてはならないのが、返済能力を超えた借入です。貸金業法が改正されたことによりこうした返済能力を超える過剰な借入を抑制するために総量規制が導入され、個人の借入総額は年収の3分の1までに制限されていますが、だからといってこれで返済能力を超えずに済むかといったらそうではありません。

 

A社から借りた借金を返済するためにB社で借り、次の返済日までにお金を用意できないからとC社で新たに借りて返済する。そうしたことを繰り返すようになると非常に危険な状態です。消費者金融側も新規申込の審査の際には必ず信用情報を照会します。一般的に、大手ですと3社までなら審査に通るということが多いようですが、それ以上に増えていきますと審査に通るのがどんどん難しくなっていってしまいます。

 

早めの段階で気付いておまとめローンなど手を打てればよいのですが、おまとめローンもあまりに他社借入件数が多い場合には審査に通りません。はじめは給料日までのほんの数日の生活費のために数万円のつもりではじめたのが、数年で何百万円の借金になっていた、なんていう話も決して珍しくはありません。

 

キャッシングについての怖い話についてでしたが、このほとんどが自分の行いや利用の仕方次第でどうにでもなるものです。要は、自身が気をつけて利用すればとても便利なサービスになりますし、使い方を間違えれば怖いものにもなる、ということなのです。